税理士事務所所長 山口広記の税金とお金と経営の話

信用情報とは

今回は個人事業者・法人役員が連帯保証人になって
事業資金を借り入れる際に照会される信用情報について
考えてみたいと思います。

【1】信用情報とは
個人のクレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や
返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。

【2】信用情報機関の種類

信用情報機関では,信用情報の収集および加盟団体への
提供を行っています。

(1)全国銀行個人信用情報センタ−
 主な会員は銀行・信金・信組・農協系等の金融機関

(2)株式会社シ−・アイ・シ−
 主な会員は信販会社、クレジット会社など
(3)株式会社日本信用情報機構
 主な会員は信販会社、消費者金融会社、流通系・銀行系・
 メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社など

上記の信用情報機関は相互交流ネットワ−クを通じて
お互いに情報交流を行っています。
情報交流される情報は
貸付金額の残高・延滞等の情報など多岐に渡ります。

【3】情報の収集

例えば甲さんが乙クレジットカード社と新規契約や取引をした際,
乙社は加盟している「信用情報機関」に甲さんの名前などの個人情報,
借入情報などの情報を登録します。

万一甲さんが借入返済を3ヶ月以上滞ってしまった場合,
その遅延情報が登録され,他のクレジットカード会社でも
その遅延情報を閲覧することになります。
結果,丙社で新規借入の申込をしても,乙社での遅延情報が確認され,
新規の取引ができない場合があります。

【4】登録される事故情報・異動情報
登録される情報には以下のようなものがあります。
主に契約不履行になった場合が多いです。
(1)長期遅延(主に3ケ月以上)
(2)特定調停
(3)個人再生
(4)自己破産

【5】その他の注意点

(1)スマホの分割払い
携帯電話端末の分割払いは「クレジット契約」であるという点
はあまり知られていないようです。
もちろん端末代を毎月支払いさえすれば、問題ないですが、
端末代は通信料など利用料金とセットで支払う方式が多いです。
利用料金を滞納すると、同時に端末代の未払いも発生します。
3月以上滞ると信用情報機関に登録されてしまいます。

(2)その他
通常のクレジットカ−ドの分割払いや、リボ払い等もクレジット契約です、
意外なところでは、日本学生支援機構等の奨学金も滞納すれば、全銀協への
登録対象となります。

【6】まとめ

傷の無い信用情報を保つために、毎月の支払は金額にかかわらず、
契約通りに払うことが重要です。
もし1度登録されると、完済しても5年間は記録が残ってしまいます。
気をつけましょう。

有料なんでも相談
  • 決算かけこみ相談
  • 節税相談
  • 資金繰り相談
  • 開業相談
  • 事業承継相談
  • 相続相談

税務、会社経営に関するご相談はお気軽に山口税務会計事務所まで

山口税務会計事務所は立川・八王子・多摩地区・都内の法人・個人を中心に、税務会計業務を行っている東京都日野市の税理士事務所です。 税務会計業務のみでなく経営計画・資金繰り・融資対策・節税対策・経営再建・保険見直などの相談業務に力をいれ、 必要な場合には弁護士・司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士などの各種専門家と提携して問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

立川、八王子、多摩地区の法人、個人を中心に税務会計業務承ります。

お問合せはこちら 電話042-581-4701

このページのトップに戻る
  • 山口税務会計事務所
  • 〒191-0062
  • 東京都日野市多摩平1-8-13
  • ホウユウビル2階C号
  • TEL:042-581-4701
  • FAX:042-581-4719