税理士事務所所長 山口広記の税金とお金と経営の話

個人住民税の特別徴収を導入しました。

半年ほど前に、同テ-マの基礎的なことを
記載しました。
今回は実務的なことを記載します。

【1】事務所の住民税

今まで、事務所の職員の住民税については
普通徴収にしていました。

以下の理由で導入していませんでした。

★職員の納税体験

職員は事業主ではないのでなかなか
銀行で税金を納めることがありません。

自ら現金を用意して、銀行に行って
納税する・・・これが大事です。

納税することが嬉しい人はいないと
思います。

天引きでは感じられない
納税するときの気持ちを体験して
欲しいと思っていました。

【2】特別徴収を導入して

平成29年6月支給の給与から
特別徴収を導入することになりました。

①書類が届きました。

4月末辺りから各市区町村から
特別徴収に関する書面が来ました。

同封されているものは

1)12ケ月分の納付書
2)事業主向け通知書
3)職員向け通知書
4)特別徴収の手引き

どの市区町村も内容物は同じ
ですが、大きさや書式は
マチマチです。

②管理の方法

特別徴収用のクリアファイルを
用意して、市区町村ごとに
混ざらないように一括保管しています。
最初が肝心なので、しっかり管理しましょう。

【3】導入して気がついたこと

①納税が0円の市区町村分

平成28年の給与収入が100万円以内
の場合は特別徴収の連絡は通知書だけだと
思っていましたが、納付金額の記載がない
納付書が12枚同封されていました。
これは無駄なのでいらないのでは
ないかと思います。

②個人向け通知書

市区町村により書式は違うのですが
多くの市区町村は名前しかわからないように
配慮した書面(軽いのり付け書面)
を採用し、手渡された本人が書面を
開いて内容確認する方式
になっていますが、
一部の市区町村は丸見えの書式で
来ていました。

事業主は事業主向け通知書で内容は
確認しているのですが、
職員本人に手渡す書面は丸見えでない
方が渡し易く思いました。

③中途入所

4月から採用の職員については
当然特別徴収の書面は来ていない
ですが、ここは来年から特別徴収に
したいと思っています。

手続きすれば特別徴収に変更も
出来ますが、次年度からにします。

④納税方法

基本的に銀行・郵便局・市役所等
でしか納税が出来ません。
せめて「ペイジ-」等に対応していると
手間が少ないのですが、
人材の退職等により当初送達された
納付書の金額が変更されることを
考慮するとまだまだ難しいですね。

 

実際に自分自身で経験してみて初めて
手続き等の煩雑さ等に気付いたことが沢山ありました。

この経験を、今後起業したばかりのお客様へのアドバイス等
に生かしていきます!

山口会計  山口

 

有料なんでも相談
  • 決算かけこみ相談
  • 節税相談
  • 資金繰り相談
  • 開業相談
  • 事業承継相談
  • 相続相談

税務、会社経営に関するご相談はお気軽に山口税務会計事務所まで

山口税務会計事務所は立川・八王子・多摩地区・都内の法人・個人を中心に、税務会計業務を行っている東京都日野市の税理士事務所です。 税務会計業務のみでなく経営計画・資金繰り・融資対策・節税対策・経営再建・保険見直などの相談業務に力をいれ、 必要な場合には弁護士・司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士などの各種専門家と提携して問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

立川、八王子、多摩地区の法人、個人を中心に税務会計業務承ります。

お問合せはこちら 電話042-581-4701

このページのトップに戻る
  • 山口税務会計事務所
  • 〒191-0062
  • 東京都日野市多摩平1-8-13
  • ホウユウビル2階C号
  • TEL:042-581-4701
  • FAX:042-581-4719