税理士事務所所長 山口広記の税金とお金と経営の話

セルフメディケーション税制について

平成29年分の確定申告から導入される
所得税の医療費控除の特例について
注目してみます。

【1】セルフメディケーション税制とは

これは医療費控除の特例と考えられます。

健康の維持増進及び疾病の予防への取組として
一定の取組を行う個人が、
平成29年1月1日以降に、
スイッチOTC医薬品を購入した際に、
その購入費用について
所得控除を受けることができるものです。

①適用期間

平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間

②対象者及び対象品

自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族
に係る一定のスイッチOTC医薬品の購入

③所得控除額

その年中に支払ったその対価の額の合計額が1万2千円
を超えるときは、その超える部分の金額
(その金額が8万8千円を超える場合には、8万8千円)
について、その年分の総所得金額等から控除されます。

【2】対象となる医薬品

OTC医薬品は、医師の処方箋がなくても薬局や
ドラッグストアで購入できる薬のことで、
かぜ薬や頭痛薬など、多様な薬が市販されています。

セルフメディケーション税制は、
全てのOTC医薬品が対象になるわけではなく、
医療用医薬品でも使われている83成分を含む
約1600品目がOTC医薬品が対象です。

 

【3】適用要件

申請者が申告対象の1年間(1~12月)に下記に記載した
疾病予防の為の健診や予防接種等を受けることを要します。

・健康保険組合等が実施する健康診査(人間ドック、各種健診等)
・ 市町村が健康増進事業として行う健康診査
・ 予防接種(定期接種又はインフルエンザワクチンの予防接種)
・ 勤務先で実施する定期健康診断(事業主健診)
・ 特定健康診査(いわゆるメタボ健診)又は特定保健指導
・ 市町村が実施するがん検診
※ 市町村が自治体の予算で住民サービスとして実施する
健康診査は対象になりません。
なお、これらのうちのいずれか1つを受けていればよいため、
全てを受ける必要はありません。
また取組を実施したことの証明書類が必要になります。

 

【4】選択適用

従来の医療費控除制度と同時に利用することはできません。
購入したOTC医薬品の代金に係る医療費控除制度については、
従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制の
どちらの適用とするか、自身で選択することになります。
その年分についていずれかの方法を選択して申告すると
後で変更できません。
この点は注意すべき点です。

 

【5】平成29年分の対応

今後の確定申告に向けての対応としては
①【3】の要件を満たす証明書の保管をすること
②従来通り医療費の領収書の保管
上記2つを実行して、確定申告書作成時に
いずれの方法の方が所得控除額が多くなるか
比べて申告することとなります。

 

従来までとの違いは予防接種や健康診断を
受けた証明書を保管することだけです。
所得控除を漏れなく受けるためには
今から準備しておきましょう。

有料なんでも相談
  • 決算かけこみ相談
  • 節税相談
  • 資金繰り相談
  • 開業相談
  • 事業承継相談
  • 相続相談

税務、会社経営に関するご相談はお気軽に山口税務会計事務所まで

山口税務会計事務所は立川・八王子・多摩地区・都内の法人・個人を中心に、税務会計業務を行っている東京都日野市の税理士事務所です。 税務会計業務のみでなく経営計画・資金繰り・融資対策・節税対策・経営再建・保険見直などの相談業務に力をいれ、 必要な場合には弁護士・司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士などの各種専門家と提携して問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

立川、八王子、多摩地区の法人、個人を中心に税務会計業務承ります。

お問合せはこちら 電話042-581-4701

このページのトップに戻る
  • 山口税務会計事務所
  • 〒191-0062
  • 東京都日野市多摩平1-8-13
  • ホウユウビル2階C号
  • TEL:042-581-4701
  • FAX:042-581-4719