税理士事務所所長 山口広記の税金とお金と経営の話

クラウド会計体験記④

今回はMFクラウド会計の領収書入力
について掘り下げてみます。

体験記の②で記載しましたが
スキャナによる領収書の自動入力
については今後に期待です。

ただ領収書・レシ-トからの
入力は必要です。

その方法として3種類あります。

 

【1】手動で領収書デ-タ入力

①簡単入力

②詳細入力

③仕訳帳入力(キ-ボ-ド操作向き)

の3つの機能があります。
正直なところ、①②の方法は
マウス操作での入力なので
会計専用の入力システム
の操作性と比べると使いにくさを
感じます。

簿記が苦手な方は
こちらをお勧めします。

③は設定次第では会計専用の
テンキ-入力ができそうなので
なじめそうです。

 

【2】エクセルデ-タのインポ-ト

エクセルで領収書のデ-タを入力して
それを「MF会計」にインポ-トする方法です。

①書式の切り出し

MF会計の機能

ファイルの入出力

現金出納帳

のエクセルデ-タインポ-ト
を選択すると
現金出納帳のテンプレ-トを入手できます。

②内容入力・取込

このシ-トに日付・金額・内容を入力すると
「MF会計」に取り込むことができます。
相手勘定は現金又は小口現金を選択します。
経費の勘定科目は「MF会計」に取り込んだ後に
指定します。

③学習機能

最初は勘定科目を指定する作業が
必要になりますが、
ここにも学習機能があり、
次回以降は
同様の内容については勘定科目が
自動設定されます。

ここが便利な点です。
慣れてくるとスピ-ドが上がります。

 

【3】「MF経費」の利用

①準備

無料アプリの「MF経理」をスマホに取込みます。
取り込んだアプリのデ-タを
「MF会計」に取り込めるように設定します。

②デ-タ取込

領収書を「MF経理」でスキャン
(写真で撮影)します。
スマホの画面上に日付・金額・支払先
が取り込まれるので勘定科目を選択します。
摘要などは適宜追加します。
これで読み取り完了。

③デ-タ取込

「MF会計」を開いて、その他機能
の「経費」を選択すると
「MF経費」で読み取ったデ-タの
取込を指示します。
これで完了です。

見事に現金出納帳等にデ-タが
反映されました。

領収書・レシ-トの中には読み取り
がうまくできないものも有りますが、
一部のレシ-トはバ-コ-ドが記載
されていて、内容が完璧に読み取れる
ものもありました。

ちょっと感動です。世の中進んでいるな
と思いました。

 

【4】領収書の入力・総括

私が選択した入力方法は以下のふたつです。

①領収書をためてしまったら、
エクセル入力してインポ-ト

②日々できれば
「MF経理」での取込
領収書等を空いた時間、移動中等に
スキャンして登録できるので
いつでもどこでもできます。

【5】感想

できるだけ学習機能を使って
工程を減らすこと、
隙間時間を使って入力
の両方をうまく使い分ければ
作業効率を上げられると確信しました。

【6】今後の希望として(MF会計に)

勝手なお願いですが、
現金出納帳のエクセルシ-トに
摘要一覧表を登録できる部分が
あれば助かります。

IF関数等を使って摘要欄に数字を入れると
別の摘要一覧表から登録した摘要内容が
自動選択されます。
これがあるとよく出る摘要内容の
入力の手間が省けます。

もしかしたら知らないだけで
まだまだ便利機能があるかも
しれません。

まだまだ研究してみます。

山口会計 山口

有料なんでも相談
  • 決算かけこみ相談
  • 節税相談
  • 資金繰り相談
  • 開業相談
  • 事業承継相談
  • 相続相談

税務、会社経営に関するご相談はお気軽に山口税務会計事務所まで

山口税務会計事務所は立川・八王子・多摩地区・都内の法人・個人を中心に、税務会計業務を行っている東京都日野市の税理士事務所です。 税務会計業務のみでなく経営計画・資金繰り・融資対策・節税対策・経営再建・保険見直などの相談業務に力をいれ、 必要な場合には弁護士・司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士などの各種専門家と提携して問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

立川、八王子、多摩地区の法人、個人を中心に税務会計業務承ります。

お問合せはこちら 電話042-581-4701

このページのトップに戻る
  • 山口税務会計事務所
  • 〒191-0062
  • 東京都日野市多摩平1-8-13
  • ホウユウビル2階C号
  • TEL:042-581-4701
  • FAX:042-581-4719