事業年度(決算月)の決定

法人の決算月といえば「3月」というイメージがあるかもしれませんが、
実は自由に選択することができます。
個人事業者の場合は暦どおり1月から12月まで、つまり12月決算となりますが、
法人の場合は3月にこだわる必要はありません。

 

そこで今回は、決算月を決める時のポイント(考え方)を挙げていきたいと思います。

 

① 決算日は末日にする
決算日は末日以外にすることも可能ですが、締めのタイミングや決算の場合の
計算期間が非常に煩雑になりますので、末日にするのが良いでしょう。
また、2月にする場合はうるう年の関係もあるので注意が必要です。

② 繁忙期は避ける
決算月とその後約2カ月間は通常業務以外にたな卸や決算業務などがあり、
とても忙しくなります。そのため、この3カ月間と繁忙期は重ならない方が良いです。
また、季節によって商品や材料の在庫に変動があるような会社は、たな卸の少ない
時期を決算月とすることも検討した方が良いでしょう。

③ 資金繰りがよい時期にする
決算での税金は、決算日から2カ月以内に納付します。
会社設立時に事業計画を立て、資金繰りを考慮した決算月にしましょう。

④ 最初の決算までの期間を考慮する
たとえば、4月28日に5月決算の会社を設立したとします。
この場合は、会社設立後1カ月余りで最初の決算を迎えることになってしまい、
仮に売上が無かったとしても申告を行わなければなりません。
なるべく会社設立時から遠い日(設立日から最も遠い月の末日)が決算日
となるよう考慮することも大事でしょう。

⑤ 消費税が有利になるようにする
会社設立時の資本金が1,000万円未満の場合は、最長で法人設立2期目までの約2年間、
消費税の納税義務の免除を受けられる可能性があります。
この免除期間をできるだけ長くするようにするためには、④と同様、会社設立時から
最も離れた月を決算月にするのが良いということになります。

ただし、売上高や設備投資のタイミング、税制改正などで条件は変わってくるので
事業計画を立てて税理士などの専門家に、消費税額のシミュレーションを相談して
おくと良いでしょう。

 

以上が決算月を決める際のポイントとなりますが、
どの考え方を重視するかはその会社の諸事情により異なります。
会社の決算月をいつにするかについては、設立登記の手続きに入る前に十分に検討
した上で決定することをお勧めします。

なお、設立をして事業運営を進めていく中で、将来的に決算月を見直す必要が出てくる
ことがあるかもしれません。
そのような場合には、決算月を変更できるということもおさえておくと良いでしょう。

« 心得と手続き一覧に戻る

有料なんでも相談
  • 決算かけこみ相談
  • 節税相談
  • 資金繰り相談
  • 開業相談
  • 事業承継相談
  • 相続相談

税務、会社経営に関するご相談はお気軽に山口税務会計事務所まで

山口税務会計事務所は立川・八王子・多摩地区・都内の法人・個人を中心に、税務会計業務を行っている東京都日野市の税理士事務所です。 税務会計業務のみでなく経営計画・資金繰り・融資対策・節税対策・経営再建・保険見直などの相談業務に力をいれ、 必要な場合には弁護士・司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士などの各種専門家と提携して問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

立川、八王子、多摩地区の法人、個人を中心に税務会計業務承ります。

お問合せはこちら 電話042-581-4701

このページのトップに戻る
  • 山口税務会計事務所
  • 〒191-0062
  • 東京都日野市多摩平1-8-13
  • ホウユウビル2階C号
  • TEL:042-581-4701
  • FAX:042-581-4719