定款とは?

定款とは、簡単にいうと会社の憲法のようなものです。

会社の目的・組織・活動・構成員など、会社の根幹部分について定めたものをいいます。

会社設立の際にはこの定款の作成は義務となっており、必ず作成し公証人の認証を受けなければなりません。

 

では、内容について簡単に見ていこうと思います。

まず、定款は次の3つに分かれて構成されています。

・絶対的記載事項

・相対的記載事項

・任意的記載事項

これを詳しく見ていくと以下のようになります。

 

◎絶対的記載事項

絶対的記載事項とは、定款に必ず記載しなければならない最も重要な事項のことをいいます。この中の1つでも記載が欠けていると定款そのものが無効になってしまいますので、注意しましょう。

①    商号

②    目的

③    会社が発行する株式総数(会社が発行できる株式の上限)

④    設立に際して出資される財産の価格またはその最低額(資本金)

⑤    本店の所在地

⑥    発起人の氏名及び住所

 

◎相対的記載事項

相対的記載事項は、定款に必ずしも記載する必要はありませんが、記載しないとその内容が法的効力を生じないため、会社に該当する事項がある場合には必ず記載しましょう。

①    現物出資

②    株式の譲渡制限

③    公告の方法(官報・日刊新聞紙・電子が選べますが記載しない場合には官報となります)

など他にも多数あります。

 

②の株式の譲渡制限では、役員の任期を10年まで伸ばすことができ、役員改選に伴う事務手続きや登記費用などを抑えることが出来ます!(原則は取締役2年、監査役4年です)

 

◎任意的記載事項

任意的記載事項は、その記載がなくても定款が無効になるわけではなく、また、定款に記載しなくてもその効力が否定されるわけではありませんが、会社の基本事項として、あえて定款の中に記載した事項をいいます。

①    事業年度(決算期)に関する規定

②    定時株主総会の開催の時期

③    株主総会の議長

④    取締役・監査役の員数

⑤    取締役会の組織についての規定

⑥    取締役から社長、専務、常務を選出する方法とその権限

などがあります。

任意的記載事項としてこれらを定款に記載した場合、以後その内容を変更するためには定款変更という手続きをしなければなりませんので慎重に決める必要があります。

 

以上のように、定款に記載する内容は慎重に決めなければならないことばかりです。

確実に作成するためには司法書士等の専門家に相談してみると良いでしょう。

山口会計でも司法書士の紹介が出来ますので、その際にはぜひ1度ご相談下さい♪

 

« 心得と手続き一覧に戻る

有料なんでも相談
  • 決算かけこみ相談
  • 節税相談
  • 資金繰り相談
  • 開業相談
  • 事業承継相談
  • 相続相談

税務、会社経営に関するご相談はお気軽に山口税務会計事務所まで

山口税務会計事務所は立川・八王子・多摩地区・都内の法人・個人を中心に、税務会計業務を行っている東京都日野市の税理士事務所です。 税務会計業務のみでなく経営計画・資金繰り・融資対策・節税対策・経営再建・保険見直などの相談業務に力をいれ、 必要な場合には弁護士・司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士などの各種専門家と提携して問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

立川、八王子、多摩地区の法人、個人を中心に税務会計業務承ります。

お問合せはこちら 電話042-581-4701

このページのトップに戻る
  • 山口税務会計事務所
  • 〒191-0062
  • 東京都日野市多摩平1-8-13
  • ホウユウビル2階C号
  • TEL:042-581-4701
  • FAX:042-581-4719