源泉徴収と年末調整とは

今回は、源泉徴収と年末調整について考えてみます。

■源泉徴収制度
会社経営をするにあたり、
次のような支払いが発生してくるかと思います。
●従業員の給与
●税理士・社会保険労務士などの報酬
これらは、相手に支払う際に、
一定額を控除して支払うことになります。
控除した金額は、相手ではなく税務署に支払います。
これは、給与所得者や個人事業主(税理士など)の所得税を
会社が本人に代わって、税務署へ前払いしていることになります。

給与所得者や個人事業主の中には、
「わたしは確定申告しているから源泉徴収しないでいいよ」
と言う方がいますが、
そのような場合でも、会社は源泉徴収をしなければなりません。
例えば、税務調査で、
源泉徴収をしていなかったことが発覚すると、
その税額は相手の確定申告の有無に関係なく、
会社が負担しなければならないと考えて下さい。
また、延滞税や加算税といった罰金や利息的なものも
会社で負担しなければなりません。

■年末調整
給与所得者については、
毎月の給与から所得税が源泉徴収されています。
確定申告するのではなく、
会社が年間の税額を計算し、年末時に差額の調整を行います。
年末の時期に、家族構成を再確認し、
社会保険料・生命保険料・地震保険料などを考慮し調整計算を行います。
これを、“年末調整”といいます。

■源泉所得税の納付時期と納期の特例制度
源泉所得税は、原則、
その月に支払った給与や報酬から控除した分を、
翌月10日までに税務署に納付しなければなりません。
ただし、給与支給人数が常時9人以下の会社については、
納付が年2回(7月と1月)となる納期の特例制度があります。
1~6月分→7月10日
7~12月分→翌年1月20日

 

会社を経営していると、
源泉徴収や年末調整など、他にもやることがたくさんあります。
本業に支障が出ないように、早め早めの対策を心掛けましょう。

« 税金と社会保険一覧に戻る

有料なんでも相談
  • 決算かけこみ相談
  • 節税相談
  • 資金繰り相談
  • 開業相談
  • 事業承継相談
  • 相続相談

税務、会社経営に関するご相談はお気軽に山口税務会計事務所まで

山口税務会計事務所は立川・八王子・多摩地区・都内の法人・個人を中心に、税務会計業務を行っている東京都日野市の税理士事務所です。 税務会計業務のみでなく経営計画・資金繰り・融資対策・節税対策・経営再建・保険見直などの相談業務に力をいれ、 必要な場合には弁護士・司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士などの各種専門家と提携して問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

立川、八王子、多摩地区の法人、個人を中心に税務会計業務承ります。

お問合せはこちら 電話042-581-4701

このページのトップに戻る
  • 山口税務会計事務所
  • 〒191-0062
  • 東京都日野市多摩平1-8-13
  • ホウユウビル2階C号
  • TEL:042-581-4701
  • FAX:042-581-4719