領収書や請求書の管理の方法

前回は帳簿書類等の保存期間についてお話させていただきました。今回は税務調査の際や、会社の会計処理の時に、使用することが多い、領収書や請求書を管理する方法を説明したいと思います。

領収書を管理するポイント

ポイント1領収書を受け取る時の注意点

領収書を受け取る時は、日付、宛名、金額、但し書きが不備なく記入されていることを
必ず確認しましょう。また、宛名は会社名を必ず記入してもらいましょう。

ポイント2保存の仕方

領収書を保存する方法は次のような方法があります。

①紙に張り付ける
スクラップブックや、A4のコピー用紙に貼り付けます。日付順に下からずらして、貼りつけることで、かさばらず探しやすい状態で保存できます。
② 領収書にパンチで穴を開けてヒモでつづる
③ 領収書のカドをそろえてホチキスで留める。
上記の2つは①に比べ手間が省けますが、紛失するリスクが高くまります。

また、後から資料を探すのに手間がかかります。

どのような方法を選ぶかは、会社の規模や取引状況などによって、最適な方法を             選択すればよいでしょう。

では、次に請求書を管理するポイントをお話したいと思います。

請求書を管理するポイント

請求書は、指定された支払期日に払い忘れのないように、未払いのものと、支払済みのものに区分して保管します。  支払い後は、仕入先ごとに作成したファイルに閉じ込みます。

取引が少ない相手先については、その他の相手先として、まとめて保管してもよいでしょう。

相手先別に保管することで、後から確認する際、すばやく検索でき、業務効率が上がります。

法人税法では青色申告の場合、7年間(一定の場合は9年間)、会社法では10年間の資料の保存義務があります。
領収書や請求書を紛失しないようにきちんと整理することが必要です。

 

« 経理とお金一覧に戻る

有料なんでも相談
  • 決算かけこみ相談
  • 節税相談
  • 資金繰り相談
  • 開業相談
  • 事業承継相談
  • 相続相談

税務、会社経営に関するご相談はお気軽に山口税務会計事務所まで

山口税務会計事務所は立川・八王子・多摩地区・都内の法人・個人を中心に、税務会計業務を行っている東京都日野市の税理士事務所です。 税務会計業務のみでなく経営計画・資金繰り・融資対策・節税対策・経営再建・保険見直などの相談業務に力をいれ、 必要な場合には弁護士・司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士などの各種専門家と提携して問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

立川、八王子、多摩地区の法人、個人を中心に税務会計業務承ります。

お問合せはこちら 電話042-581-4701

このページのトップに戻る
  • 山口税務会計事務所
  • 〒191-0062
  • 東京都日野市多摩平1-8-13
  • ホウユウビル2階C号
  • TEL:042-581-4701
  • FAX:042-581-4719