日本政策金融公庫について

起業者の中には、最初の事業資金を確保するために、
「まず、日本政策金融公庫!」と考える方が多いようです。

今回はその日本政策金融公庫について書いていこうと思います。

①概要

「株式会社日本政策金融公庫法」に基づいて設立され、国民生活の向上に
寄与することを目的とした政府系金融機関です。

資金融資のみをおこなっており、預金口座は作ることはできません。

小規模事業者をサポートすることが事業の中心であるため、
他の金融機関よりも支援制度が充実しています。

②融資を受けるメリット

・創業融資に力を入れている

政府が創業支援に力を入れていることもあり
創業融資が充実しています。
例えば、無担保無保証人かつ少ない自己資金で借入できる融資や
女性等のための利率が低い融資などもあります。(下記参照)
また、事業実績がなくても事業計画や返済計画がしっかりしていれば、
審査を前向きに検討してくれます。

・固定金利が選択できる

固定金利を選ぶことができ、毎月の返済額が固定化されるため、
返済計画・資金計画が立てやすくなります。

・利率が低い

各融資制度の要件に合致した場合には、比較的低い利率が適用されます。

・事業資金としては長期の返済期間が組める

返済期間を長期で設定することも可能であり(下記参照)、
月々の返済額を余裕を持って設定することが出来ます。
よって、資金繰りが楽になる可能性があります。

③融資を受けるデメリット

・一度でも返済が遅れると、その後、融資は受けられない

ただし、月々の返済額を減らすことの出来る減額手続きはあります

・事業別に運営されているため、他の事業の情報を得ることが難しい

日本政策金融公庫は、国民生活事業、中小企業事業、農林水産事業と分か
れて運営しています。
これらは元々は別の組織であったため、各々の連携が図れていないこともあり
ます。
例えば、中小企業事業では融資が通らなかったとしても、国民生活事業で
は該当する融資制度があるかもしれませんが、その情報は伝えてもらえない
可能性があります。

④起業に関する融資

以下、概略をまとめてあります。比較検討に御利用ください。
(平成26年12月1日現在)

 

※用語説明(概略)
・設備資金・・・金額の大きい初期投資(例:内装設備、パソコン、店舗や事務所の敷金等)
・運転資金・・・事業運営にあたっての必要な資金

※比較表をみるための参考
・新創業融資制度・・・無担保無保証人かつ低自己資金で借入できるのが特徴
・新事業活動促進資金・・・利率を低く設定。国等・日本政策公庫の認定が必要
・女性、若者/シニア起業家支援資金・・・利率を低く設定
・新規開業資金・・・利率を低く設定
・中小企業支援事業の融資・・・額の大きい融資が用意されています。

詳細は日本政策金融公庫のホームページでご確認ください。

« 資金調達一覧に戻る

有料なんでも相談
  • 決算かけこみ相談
  • 節税相談
  • 資金繰り相談
  • 開業相談
  • 事業承継相談
  • 相続相談

税務、会社経営に関するご相談はお気軽に山口税務会計事務所まで

山口税務会計事務所は立川・八王子・多摩地区・都内の法人・個人を中心に、税務会計業務を行っている東京都日野市の税理士事務所です。 税務会計業務のみでなく経営計画・資金繰り・融資対策・節税対策・経営再建・保険見直などの相談業務に力をいれ、 必要な場合には弁護士・司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士などの各種専門家と提携して問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

立川、八王子、多摩地区の法人、個人を中心に税務会計業務承ります。

お問合せはこちら 電話042-581-4701

このページのトップに戻る
  • 山口税務会計事務所
  • 〒191-0062
  • 東京都日野市多摩平1-8-13
  • ホウユウビル2階C号
  • TEL:042-581-4701
  • FAX:042-581-4719