税理士事務所所長 山口広記の税金とお金と経営の話

マイナンバー制度

《概要と税理士制度への影響》

平成28年からマイナンバ−制度がスタ−トします。

今回は簡単な概要と税務への影響を記載したいと思います。

【1】概要

マイナンバーは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、

社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、

複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを

確認するために活用されるものです。

⇒要するにすべての情報を一括して管理され、

横の情報連携が甘かった部分の強化がされます。

【2】効果(行政サイドとしての)

(1)所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、

   負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止

(2)添付書類の削減など、行政手続が簡素化され、手続・手間が軽減されます。

(3)行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービス

 のお知らせを受け取ったりできるようになります。

【3】利用開始時期

平成28年1月から、行政手続にマイナンバーが必要になります。

平成27年10月に、マイナンバーを通知するための通知カードが配布されます。

また、平成28年1月以降には、様々なことに利用出来る個人番号カードが

申請により交付されます。

(1)通知カ−ド

通知カードは、紙製のカードを予定しており、

券面に氏名、住所、生年月日、性別(基本4情報)、

マイナンバーが記載されたものになります。

(2)個人番号カ−ド

個人番号カードは、券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーなど

が記載され、本人の写真が表示されます。

平成27年10月に通知カードでマイナンバーが通知された後に、

市区町村に申請すると、平成28年1月以降、個人番号カード

の交付を受けることができます。

個人番号カードは、本人確認のための身分証明書として利用できるほか、

カードのICチップに搭載された電子証明書を用いて、e-Tax

(国税電子申告・納税システム)をはじめとした各種電子申請が行えることや、

お住まいの自治体の図書館利用証や印鑑登録証など各自治体が

条例で定めるサービスにも使用できます。

【4】税分野での影響

税務署に提出する法定調書等に、従業員や株主等の個人番号を

記載しなければなりません。

言い方を変えると、記載された状態で各行政機関に報告されます。

記載される申告書等は以下の書面などです。
 
・法人確定申告書
・個人確定申告書
・給与所得の源泉徴収票
・退職所得の源泉徴収票 
・報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書
・不動産の使用料等の支払調書等

 税務以外では社会保険関係の書類にも全て番号が記載されます、

 確定申告時など不足情報がある場合に、ご本人に行政機関で確認

 して頂く場合などは、かなりスピ−ディ−に調べられるのでは

 ないかと思います。

【5】今後の対応

税理士事務所としては、番号管理の徹底、更なるセキュリティ−の強化

等が課題となります。

現状でもセキュリティ−に関しては専門家の指導のもと構築していますが

マイナンバ−制度施行までの約1年、再度見直していきたいと思います。

有料なんでも相談
  • 決算かけこみ相談
  • 節税相談
  • 資金繰り相談
  • 開業相談
  • 事業承継相談
  • 相続相談

税務、会社経営に関するご相談はお気軽に山口税務会計事務所まで

山口税務会計事務所は立川・八王子・多摩地区・都内の法人・個人を中心に、税務会計業務を行っている東京都日野市の税理士事務所です。 税務会計業務のみでなく経営計画・資金繰り・融資対策・節税対策・経営再建・保険見直などの相談業務に力をいれ、 必要な場合には弁護士・司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士などの各種専門家と提携して問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

立川、八王子、多摩地区の法人、個人を中心に税務会計業務承ります。

お問合せはこちら 電話042-581-4701

このページのトップに戻る
  • 山口税務会計事務所
  • 〒191-0062
  • 東京都日野市多摩平1-8-13
  • ホウユウビル2階C号
  • TEL:042-581-4701
  • FAX:042-581-4719