損益計算書②

損益計算書とは、特定期間(通常は1年)に会社がどれだけ儲かったか、損をしたかを表したものです。損益計算書を作るには、手間暇がかかりますが、損益計算書を作ることで、色々なことができるようになります。今回は損益計算書でできることを2つ紹介したいと思います。

売上の比較を行うことができる。

図①と図②を見てください。(画像をクリックすると画像が拡大されます。)

ある会社の2013年と2014年の2年間の損益計算書です。

図①(2013年度)

図②(2014年度)

2013年の売上は10,000円となっています。対して、2014年には12,000円となっています。2014年を今期とすると、今期は売上が2,000円上がっていることがわかります。今回の損益計算書は2年間分と少ないですが、何年も続いている会社では、その会社の売上の状況を何年間にもわたって比較を行うことができます。また月ごとの売り上げの比較も行うことができるようになります。

費用等の状況を把握することができ,今後の会社を考える手助けとなる。

消耗品費は図①の2013年は300円であったの対し、図②の2014年は800円となっています。今期は消耗品費が前期より上がってしまったということが、わかってきます。会社の業種等によってかかる費用に違いはありますが、それぞれの会社の問題点が分かるようになります。

このように損益計算書を作成することによって会社の売り上げの状況や、費用の状況がわかるようになります。

« 経理とお金一覧に戻る

有料なんでも相談
  • 決算かけこみ相談
  • 節税相談
  • 資金繰り相談
  • 開業相談
  • 事業承継相談
  • 相続相談

税務、会社経営に関するご相談はお気軽に山口税務会計事務所まで

山口税務会計事務所は立川・八王子・多摩地区・都内の法人・個人を中心に、税務会計業務を行っている東京都日野市の税理士事務所です。 税務会計業務のみでなく経営計画・資金繰り・融資対策・節税対策・経営再建・保険見直などの相談業務に力をいれ、 必要な場合には弁護士・司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士などの各種専門家と提携して問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

立川、八王子、多摩地区の法人、個人を中心に税務会計業務承ります。

お問合せはこちら 電話042-581-4701

このページのトップに戻る
  • 山口税務会計事務所
  • 〒191-0062
  • 東京都日野市多摩平1-8-13
  • ホウユウビル2階C号
  • TEL:042-581-4701
  • FAX:042-581-4719