帳簿書類の保存について

帳簿書類は会計上、税務上、のみならず経営管理上も重要な書類です。

よって帳簿書類を保存しておかなければなりません。

今回は帳簿書類の保存についてお話したいと思います。

①保存期間

税法では、7年間、会社法では10年間保存する必要があります。

この間、帳簿書類を廃棄処分する事はできません。

②保存内容

法律上は保存期間が経過している帳簿処理でも、決算書、申告書、定款、登記関係書類、

免許許可関連書類、不動産関連書類等は、法律の保存期間にかかわらず重要書類として永

久保存したほうが安心です。

③保存方法

帳簿書類は、原則として紙に印刷して保存します。

よって、会計ソフトを用いて作成した帳簿書類についても、印刷して保存します。

ただし、あらかじめ所轄税務署長の承認を受ければ、帳簿書類を電子データのままで,DVDなどの電子メディアに保存する方法等が可能になり、ペーパーレス化による保存場所やコストの削減になります。

ただしデータ消失に備えて、バックアップを保存して、データを2重化しておくことが重要です。

 

 

« 経理とお金一覧に戻る

有料なんでも相談
  • 決算かけこみ相談
  • 節税相談
  • 資金繰り相談
  • 開業相談
  • 事業承継相談
  • 相続相談

税務、会社経営に関するご相談はお気軽に山口税務会計事務所まで

山口税務会計事務所は立川・八王子・多摩地区・都内の法人・個人を中心に、税務会計業務を行っている東京都日野市の税理士事務所です。 税務会計業務のみでなく経営計画・資金繰り・融資対策・節税対策・経営再建・保険見直などの相談業務に力をいれ、 必要な場合には弁護士・司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士などの各種専門家と提携して問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

立川、八王子、多摩地区の法人、個人を中心に税務会計業務承ります。

お問合せはこちら 電話042-581-4701

このページのトップに戻る
  • 山口税務会計事務所
  • 〒191-0062
  • 東京都日野市多摩平1-8-13
  • ホウユウビル2階C号
  • TEL:042-581-4701
  • FAX:042-581-4719