税理士事務所所長 山口広記の税金とお金と経営の話

生前贈与と申告

平成27年以降の相続税の増税を控え

最近、節税対策としての生前贈与が話題となっています。

今回は生前贈与の方法ではなく、

贈与後の報告

つまり税務申告の必要性について記載していきます。

【1】贈与税とは

贈与税は、贈与によって財産を取得した人に課せられる税金です。

つまり、贈与税は個人から財産をタダでもらった場合に、

もらった人にかかる税金なのです。

【2】贈与税の申告は

基礎控除(年間110万円)を超える財産の贈与を受けた時には、

その贈与を受けた翌年2月1日から3月15日までの間に贈与税の申告書を

自ら税務署に提出して納付します。

提出先は、贈与を受けた人の住所地の所轄税務署に提出します。

基礎控除は財産をもらった人が年間110万円控除出来ます、

財産を複数の方からもらった場合も年間110万で判定するので

誤解が無いようにしましょう。

【3】申告を忘れると・・・

税務署は独自の情報収集から申告漏れの可能性を認識します。

その場合の税務署の対応で多いのが

①回答を求める文章が来る

「不動産の売却代金をどうしたのか回答してください。」等

例えば不動産の売買・株式の売買等をした場合に

その売買内容・売却後のお金をどうしたか等

を記載する書面が送られて来るケ−スです。

・もし仮に売却代金を売却した本人の預金口座

でなく、子供の預金口座等に入金していたりすると

子供に対する贈与になってしまいます。

・逆に購入する場合、自分のお金でなく

親族など他の人のお金で購入したのに

全て自分名義にしてしまう場合。

これもお金を出した方から名義人に

なった方への贈与となります。

②税務署への呼び出し

事前連絡が来て、日程を合わせた上で

資料を持って税務署に行き、説明しなければなりません。

③「お尋ね」が送られてくる

特に相続の場合に多いのですが、財産の中身や

金額などの詳細を記載する書面が送られてきます。

あくまでも「お尋ね」なので正式な調査ではありませんが

提出しないと、後で呼び出しなどになるケ−スもあります。

【4】申告忘れの多いケ−ス

贈与が発生するよくあるケ−ス

①不動産の名義変更・・・無償の場合

②子供名義の預金口座へ振込

金額・状況等によりケ−スバイケ−スで判断します。

③子供の住宅購入時の援助

基礎控除以外に住宅の非課税の特例もありますが
特例を適用するには期限内の申告が必要です。

④贈与税の特例としての教育資金の贈与

基礎控除以外に非課税の特例がありますが
特例を適用するには期限内の申告が必要です。

⑤相続時精算課税

基礎控除以外に非課税の特例がありますが
特例を適用するには期限内の申告が必要です。

上記のように財産の移転をする場合には贈与税の

問題が必ず発生します。

相続についての事前準備をする場合は贈与・非課税特例等

を踏まえてしっかりした準備が必要です。

有料なんでも相談
  • 決算かけこみ相談
  • 節税相談
  • 資金繰り相談
  • 開業相談
  • 事業承継相談
  • 相続相談

税務、会社経営に関するご相談はお気軽に山口税務会計事務所まで

山口税務会計事務所は立川・八王子・多摩地区・都内の法人・個人を中心に、税務会計業務を行っている東京都日野市の税理士事務所です。 税務会計業務のみでなく経営計画・資金繰り・融資対策・節税対策・経営再建・保険見直などの相談業務に力をいれ、 必要な場合には弁護士・司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士などの各種専門家と提携して問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

立川、八王子、多摩地区の法人、個人を中心に税務会計業務承ります。

お問合せはこちら 電話042-581-4701

このページのトップに戻る
  • 山口税務会計事務所
  • 〒191-0062
  • 東京都日野市多摩平1-8-13
  • ホウユウビル2階C号
  • TEL:042-581-4701
  • FAX:042-581-4719