税務調査とは

今回は、税務調査について考えてみます。

税務調査とは、
会社の申告納税が正しく行われているかどうかを、
税務署の職員が直接会社に来てチェックするものです。

総勘定元帳※と領収書・請求書は、
必ずといっていいほどチェックされます。
領収書・請求書などを日頃から整理保存するのは、
税務調査に備えるためでもある訳です。
※会社の営業活動(取引)が記載された帳簿

会社の側から考えると、
勝手にフトコロを探られて、
挙句の果て、追加で税金を納めなければならないのか
という悪い印象を持つことも最もだと思います。
なぜなら、税務調査は、
ある程度強制力を伴ったものだからです。

質問検査権といわれるもので、
税務署の職員は、納税者に対して、
その申告内容について質問する権利を持っているのです。
それに対して、納税者は、
その質問にきちんと答えなければなりません。

税務調査というと、
“追加で税金を徴収しに来る”という印象が強くなりがちです。
ただ、主な目的は先程も述べたように
申告納税が正しく行われているかどうかをチェックすることです。
つまり、裏を返すと、正しく行われていれば、
追加の税金なし、という結果になることも勿論あります。
また、税務調査には、
経理上の間違いや経理の方法を指導するという性格もあります。
たまたま経理の間違いがあっても、
間違いの内容が軽微なものだと判断されれば
修正まではせずに“指導”ということで済ませることもあります。

税務調査の目的は、
以上のようにチェックすることそれ自体なので、
適正に申告納税をしている場合は恐れることありません。
税務調査の本来の目的をきちんと理解して
適切な対応を心掛けましょう。

« 税金と社会保険一覧に戻る

有料なんでも相談
  • 決算かけこみ相談
  • 節税相談
  • 資金繰り相談
  • 開業相談
  • 事業承継相談
  • 相続相談

税務、会社経営に関するご相談はお気軽に山口税務会計事務所まで

山口税務会計事務所は立川・八王子・多摩地区・都内の法人・個人を中心に、税務会計業務を行っている東京都日野市の税理士事務所です。 税務会計業務のみでなく経営計画・資金繰り・融資対策・節税対策・経営再建・保険見直などの相談業務に力をいれ、 必要な場合には弁護士・司法書士・不動産鑑定士・社会保険労務士などの各種専門家と提携して問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

立川、八王子、多摩地区の法人、個人を中心に税務会計業務承ります。

お問合せはこちら 電話042-581-4701

このページのトップに戻る
  • 山口税務会計事務所
  • 〒191-0062
  • 東京都日野市多摩平1-8-13
  • ホウユウビル2階C号
  • TEL:042-581-4701
  • FAX:042-581-4719